☆ 参加者の声 ― Iさま ☆

BYPを終えて…

BYPを始めたのは、どうしても自分を、変えたかったからでした。
自分が何をしたいのかも分からなくて、人の意見に左右されて、生きづらいとずっと感じていました。そして、長年ともに生きてきた摂食障害も手放したいのに、出来ない自分を責めてばかりいまし?た。

これを始めるまでは、自分一人で、自分を変えるために、ありとあらゆることを試していました。でも、変われない。そんな時に、一人じゃなくて頼ってみようと思えたのがBYPでした。

 

毎回の瞑想とカウンセリングで…

    今まで知らなかった自分の癖と初めて正面から向き合うことができました。
    自分のマイナスな面ばかりに囚われていた私は、自分を褒めるという地道な作業で今の自分も、結構頑張ってるな!って感じられるようになりました。

    足りないものばかりを探そうとしたり、自分以外の誰かになろうとしている自分がいることに気づいて、褒めることや感じることで、自分は何者にもならなくていい!自分でいい!自分がいい!と思?えるようになりました。

    摂食障害のことも、治らなければダメだ!と否定ばかりしていたけれど、自分なりにバランスをとるための行為だったんだと腑に落ちました。
    まだ、完全に症状がなくなっては無いけれど、それでもいいと素直に思えています。本当に楽チンになりました。

    自分を制限し続けて、感じることを避けてきてたけれど、今はこの枠を外す勇気が自然に湧いてくるようになりました。

 

この先も、いろんな事があるだろうけど、今までと違って自分をちゃんと丁寧に扱えるから大丈夫だと思えています。
やってよかったし、続けてよかった。素直にそう感じています。

 

そして、泣けない私を泣かして下さってありがとうございました(^-^)
こんなにも、自分をさらけ出したのは生まれて初めてでした。
そして、さらけ出すことがこんなに気持ちがいいことを教わりました。
本当に感謝しきれないくらい感謝しています。出会えてよかった。ありがとうございました。

 

 

  Copyright(c) 2009 studioCUE All Rights Reserved.